--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.28

シノリガモ

20060224223955.jpg
香川シリーズ~その6~
始めて見ました!シノリガモ。それも4羽も!
瀬戸内海に、こんな鳥が来ていたなんて知りませんでした。
それに、これだけ珍しい鳥がいるのに、一人も見に来てる人が居ないのも驚きです。
なんと今回、自分たち以外で鳥を見てる人に出会ったのは3人のみ。
香川は大阪のようにがっついてなくて、ゆっくり鳥見が出来るのが羨ましいです。
それともう一つ気付いたのは、意外と(失礼)車が多いこと。
四国ってもっとのんびりしてる田舎(ごめんなさい)だと思ってました。


スポンサーサイト
Posted at 19:52 | カモ科 | COM(9) | TB(0) |
2006.02.26

ハヤブサ・ペア

20060226225252.jpg

香川シリーズ~その5~
ハヤブサはこれから、繁殖のシーズンです。
前の週より交尾をしていたとの事、このときもそれを期待しましたが
残念ながらこの日は見ることが出来ませんでした。
雌は特に警戒心が強く、かなり離れた所からの観察になりました。
写真の上が雌、下が雄です。


Posted at 23:19 | ハヤブサ科 | COM(4) | TB(0) |
2006.02.24

ミサゴⅡ

20060224224521.jpg
香川シリーズ~その4~
もう一度ミサゴの登場です。
アカツクシガモを見ていた川にも、ミサゴが居ました。
かなりの至近距離でダイビングをしてくれましたが、これがなんと近すぎて撮れなかったんです。苦やしぃ~!
この写真は、ちょこっとだけ離れた所にダイビングしたところを撮ったんですが、これまた餌は持ってませんでした。残念!


Posted at 23:04 | タカ科 | COM(2) | TB(0) |
2006.02.22

アカツクシガモ

20060222215817.jpg
香川シリーズ~その3~
四国2日目は朝からアカツクシの場所へ。
途中からしとしと雨が降って来ましたが、幸いにも車の中からの撮影だったのでそのまま続行です。
アカツクシは以前にも見たことがあるのですが、大きい貯水池の真ん中にいることが多く、
これだけ近くで見ることが出来た事に感謝感謝です。
このアカツクシはヒドリと行動を共にしているらしく、ヒドリが飛ぶと一緒に海に向かって飛んでしまいました。(ノ_・。)
青空の中でもう一度撮りたくて、快晴の最終日に寄りましたが、潮目が悪くアカツクシを見ることは出来ませんでした。


Posted at 22:50 | カモ科 | COM(6) | TB(1) |
2006.02.20

ハヤブサ雄

20060220194320.jpg
香川シリーズ~その2~
今回、一番見たかったのがハヤブサでした。
家の近くでは、焼却場にやってくるのが見れるんですが、
やはり、ハヤブサといえば断崖絶壁にいるのが良く似合う。
今回、そんなハヤブサにピッタリの場所に案内していただきました。
しかし、それを撮りたければ、自分も同じような場所で三脚を構えなければならないということです。
人一倍高い所が苦手なのに、それはそれは怖かったです。
でも、希望が叶って嬉しかった~。

Posted at 20:15 | ハヤブサ科 | COM(14) | TB(1) |
2006.02.16

ミサゴ

20060216210057.jpg
香川シリーズ~その1~
先日、初めて四国(香川)に行ってきました。
HPでお世話になってる方の案内で鳥見三昧させていただきました。
まず、香川といえば讃岐うどん。周辺はうどん屋さんがひしめいてましたが、
連れて行っていただいたお店がまた美味しい。
このときは釜揚げうどんをいただきました。ありがとうござました。
そして鳥。ここはため池が多く上空にはミサゴがよく飛んでました。
これから繁殖期らしく、巣材を運んでる姿も見れました。

Posted at 21:23 | タカ科 | COM(6) | TB(0) |
2006.02.06

ヤマセミ

20060206224237.jpg

カワセミの翡翠色も綺麗だけど、ヤマセミの鹿の子模様もとても綺麗ですね。
ヤマセミは警戒心が強く、少し山あいにいかないと見れません。
「ケレッ、ケレッ」と飛びながら鳴く姿を見ると、今も初めて見た時の感動を思い出します。



Posted at 23:00 | カワセミ科 | COM(6) | TB(0) |
2006.02.02

ミヤコドリ

20060202230948.jpg
この日は別の場所の鳥が早くに出てくれたので、予定を変更してここにやってきました。
今期は過去最高の数が居るというので是非とも見に行きたいと思っていたところでした。
ミヤコドリは、沢山居てもみんなバラバラで餌獲り中。距離もそこそこだったのに寒い海岸で棒立ち状態。
でも次第に潮が満ちてくると次々に飛び立ち、今度は岩の上にまとまって止まってくれた。
着いてから待つこと4時間、並び方は悪いけど取り合えずは良しとしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。