--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.24

巣立ち雛

アオバズクの雛
先週に続き休みはアオバズク三昧でした。
この雛、まだ巣立つには早いように思うのですが、
強い好奇心からか、夕方、親に誘導されたわけでもないのに、
巣から自力で這い上がり、結局翌朝、地面に落ちていたそうです。
猫に狙われそうだったので、木のこぶに上げてもらいましたが、
恐怖心のためか、あまり動かず、ひと気が少なくなった時、
少しずつ木を上り始めたそうです。

ここの雛は4羽。餌となるセミが少ない為か雛の成長が
遅いみたいで、もう暫らく親の苦労は続くようです。


スポンサーサイト
Posted at 00:15 | フクロウ科 | COM(10) | TB(0) |
2006.07.21

アオバズクの足

20060721222525.jpg
羽繕いの時と同じ日に撮った写真です。
この時は、今まで何度も見たアオバズクの中でも、かなり頻繁に動いていた様に思いました。
その中の1シーンがこの写真です。良く見る、体をブルブルッと振るわせるしぐさですが、
その時見えた足の長さにちょっとびっくり。           (縦を横にトリミング)


Posted at 22:44 | フクロウ科 | COM(4) | TB(0) |
2006.07.16

アオバズク

Brown Hawk Owl
やっと季節の鳥が撮れました。
アオバズクは何時も気にしている所があるのですが、そこは雄と雌が
揃わなかったらしく今年は別の場所での観察になりました。
珍しい所では、昼間にセミを獲る所が見れたこと。
昼間に狩をすることがほとんど無いアオバズクが、いきなり飛び出してセミを鷲づかみにして
食べてました。雄はよっぽどお腹が空いていたのでしょうか。しかし、この時期そのセミ以外
鳴き声が一つもしないのはどうなってるのか?雛の主食のセミが捕れなくて餌は足りてるの
か、とても心配です。                            (写真はお父さんです)


Posted at 21:52 | フクロウ科 | COM(8) | TB(0) |
2006.07.13

マクロ撮影

ハルジオンとコガネムシ
以前、ハヤブサの瞳に自分が写ってるのでは?と言う画像があったんですが、
どうも怪しかったので次のチャンスを狙ってました。
今回はコガネムシ。羽に頭から足までカメラを構えてる姿が写っているのですが分かりますか?
(100mmマクロで撮って更にトリミングしています。)


Posted at 20:11 | 風景 | COM(4) | TB(0) |
2006.07.09

合歓の木

合歓の木・・・マメ科
なぜか木の写真です。
実は2シーズン前の冬、この木にノスリが止まっていました。
まさか花の咲く木だとは知らず、それは撮っておかなければ
ということで、久しぶりに風景写真のUPとなりました。

風景写真といえば、鳥を撮る前は、ファインダースリーンを方眼に換えていたんですが、
久しぶりに標準マットから方眼に換えて見ました、鳥でも結構使えます。


Posted at 21:44 | 風景 | COM(6) | TB(0) |
2006.07.06

サンコウチョウ

Japanese Paradise Flycatcher
今頃になると雛が巣立ったと言う話をちらほら聞くようになります。
この写真を撮った頃は、まだ盛んに鳴き交わしてる頃で、
縄張りの境界線付近では、右から左から、あの鳴き声が聞こえてくる
と言う幸せな時間が過ごせました。


Posted at 19:58 | ヒタキ科 | COM(6) | TB(0) |
2006.07.02

またレンカクで~す。

Pheasant-tailed Jacana
雨の中粘った甲斐あって、面白いところが撮れました。
前にもカルガモを追っ払ってる所をみましたが、このレンカクはカラスには弱くカモには強いみたいです。
よそ者のレンカクに追いかけられるカモもいい迷惑です。



Posted at 23:40 | レンカク科 | COM(12) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。