--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.27

ノスリ

Common Buzzard
この冬はケアシノスリはどこにでも居るような年でしたので、普通のノスリはかえって新鮮でした。
去年はオオマシコが続出で、なんだか偏った変な傾向です。

スポンサーサイト
Posted at 22:57 | タカ科 | COM(6) | TB(0) |
2008.03.20

北海道 最終編

野付半島
今回の旅で一番目に焼きついたのが、この景色です。
さえぎるものが無い野付半島は、荒れると半端ではなかった。
続きを読む
Posted at 19:04 | 風景 | COM(8) | TB(0) |
2008.03.18

オジロワシ 止まり物編

White-tailed Eagle
オオワシのときと同じく、餌を横取りに来るカラス。
ワタリガラスは見れず。続きを読む
Posted at 23:07 | タカ科 | COM(6) | TB(0) |
2008.03.16

オオワシ 止まり物編

Steller's Sea Eagle
オオワシは、日本で見れるワシタカの中でもかなりフォトジェニック度の高い鳥だと思います。
黒っぽい胴体に、黄色い嘴と足、白い羽が映え、目もハッリキリと写ります。続きを読む
Posted at 19:51 | タカ科 | COM(4) | TB(0) |
2008.03.14

オジロワシ 飛んでる編

White-tailed Eagle
数年前にオジロワシを見たときは、砂浜に居る所を覗き込んだら飛ばれてしまい、それっきり見れませんでした。
今回は間近で十分堪能できたので、満足満足です。
続きを読む
Posted at 20:59 | タカ科 | COM(6) | TB(0) |
2008.03.12

オオワシ 飛んでる?編

Steller's Sea Eagle
琵琶湖では、遠くの山肌にいるのが普通ですが、ここでは至近距離で見れます。
鳥を見始めたときから、話は何度も聞いてましたが、ついに来てしまったんだな~って。
船酔いも、寒さも、空腹も忘れて夢中でシャッターを切ってました。続きを読む
Posted at 23:23 | タカ科 | COM(6) | TB(0) |
2008.03.10

タンチョウ

Red-crowned Crane
この日は旅行中で唯一の快晴の日。
でも、その天気を生かした写真が撮れなかった。

Red-crowned Crane
撮り尽くされたタンチョウの写真は、チョコッと撮っただけでは納得できる写真が撮れるはずも無く、
気持ちも昨日夕刻にしか撮れなかったエゾフクロウが気になって・・・。
ここを早めに切り上げてエゾフクロウの元に行きましたが、この日はお留守でした。
Posted at 22:31 | ツル科 | COM(8) | TB(0) |
2008.03.07

ハギマシコ

Rosy Finch
前夜からの吹雪で、この日の撮影は無理かと思いましたが、遅めの朝食が終わった頃には少し雪もましになり、出かけることに。
しかし、途中の道でのブリザードは怖かった。吹き溜まりの雪が強風で吹き飛ばされ、目の前が真っ白になるほどです。
ハギマシコが居る場所についても物凄い風で、不意に立つと飛ばされそうです。

Rosy Finch
この強風の中、良く飛ばされないものですね。ここもブリザード状態でした。

Posted at 22:14 | アトリ科 | COM(2) | TB(0) |
2008.03.05

エゾフクロウ

Ural Owl
今回の撮影旅行で、一番感動したのはこの樹にいるエゾフクロウを見たときかもしれない。
山渓の本の表紙にもなり、それを見た時からチャンスがあれば是非行きたいと思っていた場所。
早くも願いが叶いました。でも、吹雪の為にあちこちの道が通行止めになり、ここに来るのを諦め
掛けましたが、迂回路を探し、なんとか日没寸前に到着、ぎりぎりシャッターを切ることが出来ました。
Posted at 21:12 | フクロウ科 | COM(6) | TB(0) |
2008.03.03

ベニヒワ

Common Redpoll
目指す場所へ向かう途中、小鳥の姿が。
なんとベニヒワ、初めての鳥です。
雪原を歩くうち雪が靴の中に。いくらパウダースノーでも、やはり冷たいです。

Common Redpoll
最後に飛び去る前に、とてもいいところに暫らく止まってくれた。
4時を回り、光も少なく風もきつくブレ写真が多かったが、なんとか止まってる写真を確保できた。


Posted at 22:10 | アトリ科 | COM(4) | TB(0) |
2008.03.01

流氷

s-JPEG1426-2.jpg
初めての厳冬の北海道。車が行く先には流氷が広がっていて、その光景に思わず「おおー」っと叫んでしまった。

Steller's Sea Eagle
明日、沢山撮れるはずの光景も、思わず車を停めて撮ってしまいます。

s-JPEG1428のコピー
そして翌朝、なんと霧の為に何時夜が明けたのかも分から無いくらいに暗く、ワシの姿もありません。

White-tailed Eagle
少し霧が晴れた時、やっとその姿を見ることが出来ました。
この日の朝の天気は、これからの大荒れの天気を暗示していたかのようでした。
Posted at 23:46 | 風景 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。