--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.26

はす
行くところもなく、久しぶりの田んぼへ。
いい感じの所はあったけど、鳥はいない。
コチドリを探しましたが、結局撮ったのは蓮のみ。

スポンサーサイト
Posted at 06:10 | 風景 | COM(0) |
2013.07.25

ケリ

ケリ
暑い暑い田んぼでタマシギを探しましたが、稲が伸びたせいもあり見つけられなかった。
一時はけたたましく鳴いていたケリが、1羽でじっと佇んでました。
Posted at 18:58 | シギ科 | COM(0) |
2013.07.24

アマガエル

アマガエル
なんだかちょっと色の違うアマガエル。
この時見た今年生まれのカエルはこの一匹だけ。
シュレーゲル、今年も見れなかった。
Posted at 12:34 | 昆虫等 | COM(0) |
2013.07.23

エダナナフシ

エダナナフシ
足の長いエダナナフシは、ちょっと触りたくない昆虫のひとつです。
じっくり見ると、目なんか小さくてかわいく、風も吹いてないのに
揺れて擬態してるんです。飛ぶとこも一度見ました、ちょっとビックリです。
でも、やっぱり触れません。
Posted at 22:19 | 昆虫等 | COM(0) |
2013.07.22

鬼百合

オニユリ1
ちょっと前、鳥を撮ってる時に知り合いが
「なんで鳥撮ってるのにフルサイズやねん」
見たいなことを言ってました。

鳥を撮る人は皆、大きく撮りたい人ばかりではないですよ。
出来れば周囲の景色も入れた、鳥の大きさが分かるような写真。
そんなフレームミングに気を使いながら撮ってる人も多いです。
今のカメラはトリミング耐性も高いですから、無理に大きく撮る
必要もないと思うのですが、でもこれは人それぞれですからね。

写真は何時も行くところで、鬼百合がちょうど咲きはじめで綺麗だったので
カメラを500mmから100mmに付け替えて撮りました。

オニユリ2
せっかくのマクロですから、近づいてUPも。
あえてサムネイルで。クリックすると大きくなります。
Posted at 18:36 | 風景 | COM(2) |
2013.07.01

ホオアカ

Grey-headed bunting
いつもは暑いこの高原も、この日は心地よい風が吹いていました。

Grey-headed bunting
飛んでるホオアカ

Grey-headed bunting
飛びつくホオアカ

Grey-headed bunting
止まったホオアカ

Posted at 17:56 | ホオジロ科 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。