--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.21

ツバメチドリ

Oriental Pratincole
そろそろシギチをと、田んぼへ。
水が張ってあるとはいえ、ギラギラ照りつける太陽の暑いこと。
知り合いと喋ってるとツバメチドリが上空を先回し、地上に降りた。
その場所に駆けつけてみると、3羽のツバメチドリとタカブシギ、
沢山のコチドリと一年ぶりのヒバリシギ。
でも、何が気に食わないのかツバメチドリは小競り合いばかり。


tobigeri
好んで同じ場所に居るくせに、飛び蹴りまでしなくてもね!

tyakutisunnzen
追いかけられて戻ってきた所。


atuiyo
暑くって暑くって、口を閉めたら倒れてしまうでしょう。
見てる方も1時間が限界。鳥が遠くなった所で早めに切り上げ。


nakaiine
タカブシギとヒバリシギ、この2羽は付かず離れずで仲良く採餌していた。
距離があったけど、面白いシーンだったのでちょっとトリミングしてみました。


この記事へのトラックバックURL
http://harrier.blog15.fc2.com/tb.php/105-728acd74
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
淡水性のシギもぼちぼち入り出してるんですね。
タカブとヒバリの写真、大きさが比較できて良いですね。
それほど大きさは変わらないはずですが、脚の長さでこれほど見た目に違いが出るんですね。
私の場合、タカブはアオアシと一緒に居る所を良く見るんで小さい印象がありますが、こうしてヒバリと並んでいると大きく見えますねぇ。
Posted by kuwa at 2006.08.21 23:20 | 編集
成鳥が幼鳥に向かって
仕掛けてるようですね
弱いもの虐めかな?

タカブとヒバリは
何だか親子みたいで可愛いです~

干潟に比べると
水田は緑が綺麗でいいですね。
Posted by kochan at 2006.08.21 23:22 | 編集
あまり大きさは意識してなかったんですが、
そう言われれば。
ファインダーでは、ヒバリにピントが来てるか
分からなかったくらい小さかったですね~。
Posted by ハリアー at 2006.08.22 21:35 | 編集
やっぱり弱いものいじめですか。
餌を取り合ってる様にも見えなかったですからね。
海岸、永いこと行ってないです。
田んぼばっかりで。

Posted by ハリアー at 2006.08.22 21:44 | 編集
ハリアーさん、こんばんは
其方もシギチ沢山出てきましたね、ツバメチドリ此方では未だ見られません、昨年は早くに見られたのですが・・・。カメラ替えて未だ一度も撮っていないので早く撮りたいです(笑)。
Posted by fukumaru at 2006.08.22 23:09 | 編集
ツバメチドリは毎年、律儀にやってきてくれます。
去年、見られたところに、もう来てるかもしてませんよ。
Posted by ハリアー at 2006.08.23 23:38 | 編集
炎天下日陰の無いところで、お疲れさまって感じ。私だったら溶けちゃうかも?

だけど、ツバメチドリが居たら頑張れるかも?
田んぼが賑やかでいいですね。
Posted by @やぎ at 2006.08.25 23:39 | 編集
炎天下、ジリジリ音が聞こえてかも。

賑やかだったのはここだけで、他はさっぱりでした。
Posted by ハリアー at 2006.08.26 16:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。