--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.11

ウトナイ湖

ウトナイ湖
ラムサール条約にも登録されているウトナイ湖には、一度は行って見たいと思ってました。
少ない時間とあまりの広さに、その懐の深さを実感できることは出来なかったけど、
憧れの湖畔に立った時は、ちょっと感動しました。

写真の様にかなり雪が降ってきて、毛糸の帽子にも、レンズにも結構雪が積もってきました。
でも、そのまま撮影することで、少しはこの自然に溶け込んでるような気がしてました。
この記事へのトラックバックURL
http://harrier.blog15.fc2.com/tb.php/136-2f512424
この記事へのトラックバック
ウトナイ湖ウトナイ湖(うとないこ)は、北海道苫小牧市の東部にある淡水湖。ウトナイトー、ウトナイ沼などとも呼ばれる。なお、アイヌ語で「トー」は沼、湖を指す。南流する美々川が勇払川に合流する地点の1kmほど北にある。周囲は低湿地が広がり、沼が点在しているが、ウ
ウトナイ湖について-日本の自然を見つめる瞳 | 日本の自然を見つめる瞳 at 2007.02.04 09:27
ウトナイ湖ウトナイ湖(うとないこ)は、北海道苫小牧市の東部にある淡水湖。ウトナイトー、ウトナイ沼などとも呼ばれる。なお、アイヌ語で「トー」は沼、湖を指す。南流する美々川が勇払川に合流する地点の1kmほど北にある。周囲は低湿地が広がり、沼が点在しているが、ウ
| 湖の森 at 2007.08.04 10:20
この記事へのコメント
ハリアーさんおはようございます。
凛とした空気が伝わってきました、寒かったでしょうね。雪の着物着てますね。
この構図、参考にさせてください。
Posted by shigerupapa at 2007.01.16 05:56 | 編集
実はこの写真は、コンパクトカメラで撮りました。
遠出の時には結構活躍してくれます。
Posted by ハリアー at 2007.01.16 23:36 | 編集
 こんばんは。

 あの時向こうのほうから低く構えて撮影なさったヤツですかね。この場所は家の近くでもあり、最も行く回数の多い場所の一つですが、他から来た方と撮影をすると、時に新鮮な撮影場所に感じることがあります。この一枚もそうです。

 このときはボタ雪がいい味を出していましたね。

Posted by birrrd at 2007.01.24 22:24 | 編集
遠くから低く構えてたのはさえぐささんだと思います。
僕はbirrrdさんより5mほど左からでした。
結構降ってましたが、雪はあまり苦にならず、
こういう景色では、もっと色んなアングルを
撮っておけばよかったと思いました。
Posted by ハリアー at 2007.01.24 23:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。