--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.26

サロベツ~シマアオジ再び

Yellow-Breasted Bunting
連日の天気の悪さと、あまりの花の無さに少しめげて来て、原生花園に来ても何も撮れないのではとちょっと後ろ向きになってき
ました。しかし、一番の目的のシマアオジを見るにはとにかく木道を歩かなくては。でも、重いレンズを担いで歩くには少し距離
があるな~っと少しちゅうちょしながらも、カッパを着てレンズをセットして準備完了。足取り重くぼちぼち歩きますが、風も強く、
こんな天気は鳥も出てきません。3/4ほど歩いた所で木道になにやら鳥が。ヒバリかと近づくと向こうも近づいただけ離れる。
双眼鏡で見るとホオジロのような。もう少し近づいて今度はとりあえずシャターを押します。鳥はこっちを向くことなく、どんどん
離れていきます。じっと見ていると、とうとう木道から飛んで行ってしまいました。後で拡大して見ると、お腹が少し黄色いので、
シマアオジだった見たいです。霧の中、誰も居ない木道での、それも後姿だけのシマアオジとの遭遇でした。
この記事へのトラックバックURL
http://harrier.blog15.fc2.com/tb.php/240-e46ba328
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この絵が、とっても印象に残りました。
ハリアーさんの思いが、シマアオジに届いたからかな?
Posted by はりー at 2008.06.30 22:45 | 編集
数年前に行った時は、フィルムでしたが、
こんな雰囲気の写真を撮ったことがあります。

この写真は思い入ればかりで、ちょっとインパクトが少なかったですね。

でも、印象に残ってもらえて嬉しいですよ。
Posted by ハリアー at 2008.06.30 23:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。