--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.14

ハイイロチュウヒ

hen harrier
更新が滞ってますのでここらで在庫を引っ張り出してむりやり更新します。

自分にとっての猛禽の聖地は3箇所、ここはその内で一番好きな場所。
最近は開発の波が押し寄せ、大きな建物が立ち並びどんどん景色が変わって行きます。

いつも到着は夜明け前。夕日を見るまで車を流しながら鳥を探します。
途中、昼食と退屈なときは昼寝、知り合いとしゃべって時間をつぶします。
しかし、シーズンに1、2回しか来ない物にそうそういいチャンスがやって
来る事はありません。この写真はその中でも一番よかったときのワンシーンです。
最近は車から降りて撮る人が多いですが、特に田園での猛禽は車からが基本です。
この記事へのコメント
 おおっー!しっかりこちらを見つめる目。ゾクゾクするシーンですね。ハイイロチュウヒ♂とのこんな出会いに憧れます。
Posted by UYAN at 2013.01.15 22:28 | 編集
コメント、ありがとうございます。
強い鳥運をお持ちのUYANさんなら、
もっと良いショットを撮られるのも時間の問題でしょう。

もし遭遇したときには、低く低く飛んでくれるよう念じてください。
Posted by ハリアー at 2013.01.16 21:35 | 編集
Harrierさん、こんばんは。ご無沙汰してます。
いい雰囲気のカットですね。
ハイイロチュウヒには、この向きがお似合いです。
それに、最近車から降りて外で三脚を構え撮られている方が確かに多いです。
車からの撮影ならもっと鳥との距離が近くなるのですがね。残念ですね。
昔はそんな撮り方をしていると叱られたのですが。
野鳥カメラマンが多くなりマナーも悪くなりました。
これも残念なことです。

Posted by やっさん at 2013.01.16 23:22 | 編集
こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
大先輩ながら、やっさんのあとにさんを続けるのはおかしいので、
これからはやっさんと呼ばせていただきます。

撮影はケースバイケースですが、はなから車から撮る気のない
方が多いように思います。そのため、あきらかに鳥が遠くて
撮影を諦める事もあります。情報だけで、思い思いに来て、
その場所に合った撮影方法を教えてもらってないんでしょう。

写真の場所の大きな葦原も開発の危機にさらされているようで、
何処も彼処も環境は悪くなるばかりです。
Posted by ハリアー at 2013.01.17 22:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。