--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.22

鬼百合

オニユリ1
ちょっと前、鳥を撮ってる時に知り合いが
「なんで鳥撮ってるのにフルサイズやねん」
見たいなことを言ってました。

鳥を撮る人は皆、大きく撮りたい人ばかりではないですよ。
出来れば周囲の景色も入れた、鳥の大きさが分かるような写真。
そんなフレームミングに気を使いながら撮ってる人も多いです。
今のカメラはトリミング耐性も高いですから、無理に大きく撮る
必要もないと思うのですが、でもこれは人それぞれですからね。

写真は何時も行くところで、鬼百合がちょうど咲きはじめで綺麗だったので
カメラを500mmから100mmに付け替えて撮りました。

オニユリ2
せっかくのマクロですから、近づいてUPも。
あえてサムネイルで。クリックすると大きくなります。
この記事へのコメント
小さく撮ったものを大きく見せることは出来ますが、大きく撮ってしまったものは小さくはできませんしね。

オニユリ、えらく雰囲気のいいところに咲いてたんですね。

ご挨拶が後になりましたが、暑中お見舞い申し上げます。
これからますます暑くなるんですかねぇ。
Posted by 探検隊隊長 at 2013.07.22 19:12 | 編集
隊長さん、こんばんは。

実は、10mほどいったん通り過ぎた所をバックして撮りました。
いつもは通り過ぎるだけの場所にも季節によっては、こんな風景が
広がってるんですね。

つまらない書き込みにコメント頂きありがとうございます。
隊長さんのように、どんなに鳥が小さくても凄く引き立つように撮って
居られる写真は見習いたいです。

ますます暑くなると思いますが、隊長さんも無理の無い様お体ご自愛ください。
Posted by ハリアー at 2013.07.22 21:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。