--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.29

イージス艦 あたご

s-DSC01614のコピー
この日は、鳥見を早く切り上げたので大阪港に来ているというイージス艦を見に行った。

s-DSC01638のコピー
まるで要塞の様。

s-DSC01650のコピー
これは20mm機関砲。目標の捜索から攻撃まで完全に自動化されている。

s-DSC01654のコピー
船内の通路は狭い。このときはまだ操舵室への行列は少なかった。

s-DSC01657のコピー
何層もの階段を上り、操舵室から下を見下ろすと結構高い。ビルの6階程に思えた。

s-DSC01665のコピー
操舵室は狭く、人も多いので思うように撮れなかったけど、
次の日はここへ上がれなかったと聞いたので何枚かUPします。

s-DSC01668のコピー
椅子に座ると窓からは遠くの景色しか見えない。

s-DSC01678のコピー
小さな計器がいっぱい。
コンピューター画像もあったが、航海図や羅針盤もあった。

s-DSC01681のコピー
ここからミサイルが飛び出る。
今、何発ミサイルが入ってるのか聞いてみたが、秘密との事で教えてもらえなかった。

s-DSC01685のコピー
水上発射管。近距離の潜水艦に魚雷を発射して攻撃する。
これも、魚雷自身が捜索しながら潜水艦に命中するそう。

s-DSC01712のコピー
このあたりが一番物々しく感じる。

s-DSC01716のコピー
凄い人の列です。着いて直ぐに並び1時間半待ちました。並んだ時は100人ほどの列でしたが、
見る見るうちに列は後ろのほうに延びていき長蛇の列になってました。
帰るとき、甲板の上は操舵室への列で大渋滞です。
そのためか、次の日は操舵室へ上がれなかったと聞きます。

船から降りるとき、船員さんに「次はどこに行くのですか?」と尋ねたら、「帰ります」と。舞鶴に帰るそうです。

島国日本を守るとっても重要なイージス艦。
でも、絶対に出撃するようなことがあってはならない。
この記事へのコメント
ハリアーさん、こんばんは。
あたごがやってきていたのですね。
山鵜も好きで良く舞鶴に行きました。
まさしく要塞、窓の少なさが不気味ですよね。
舞鶴港でみょうこうが留守だったので、どこに行ったのですか?
と聞いたら、お答えできません!と言われたことがあります。
そりゃそうかもしれませんね。
日本にはイージス艦が6隻、あたご型が4隻、こんごう型2隻だったと思います。みょうこうはこんごう型だったような・・・
Posted by 山鵜 at 2014.05.02 18:58 | 編集
山鵜さん、こんばんは。

イージス艦は凄い人気でした。

前回は入れなかった操舵室に入れてラッキーでした。
ミサイルを発射したときは、操舵室の窓ガラス付近も熱くなると書いてありました。

次に行くところは教えてくれないだろうと思って聞きましたが、
帰港のときは教えてくれるようです。

今回は知人に聞きましたが、こういう情報は皆さんどこで情報を仕入れてくるのでしょうか?
新聞にもニュースでも取り上げてなかったようですが。
Posted by ハリアー at 2014.05.02 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。