--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.30

セイタカシギ

Black-winged Stilt
鳥を見始めた時に、自分で初めて見つけた珍しい鳥がセイタカシギでした。
あれから8年、またここでセイタカシギを見ることが出来るとは思っても見ませんでした。
田んぼは少なくなったけど、まだまだこういう環境が残ってることをありがたく思いました。

しかし、夕日のグラデーション綺麗に再現できなくて残念です。


この記事へのトラックバックURL
http://harrier.blog15.fc2.com/tb.php/83-f5f8352b
この記事へのトラックバック
戸隠森林公園5月27日早朝5:20~5:22の僅か2分程の出会いでした!26日の朝から「キョロロロロー」と鳴き声は園内にこだまして居た。(おお~いるいる!)くらいで探しても無駄ですの
赤翡翠(アカショウビン) | Sparrowの一期一会 at 2006.06.01 18:40
この記事へのコメント
シルエットでも鳥の種類がわかります。
特徴のある鳥を、うまく捉えましたね。
センスがなければ撮れませんよ。
ナイスです。
Posted by @やぎ at 2006.05.31 00:47 | 編集
この写真を見ただけでも、十分綺麗だと思うのですが、再現できなかったグラデはどんな感じだったんでしょうね (^_^)
Posted by kochan at 2006.05.31 17:08 | 編集
夕陽に浮かんだセイタカシギのシルエットがとても素敵ですね。
こういう画、大好きです。

いつまでも野鳥が訪れる環境を残していきたいですよね。
Posted by OWL at 2006.05.31 19:50 | 編集
私も夕日ものをよく撮りますが、どうしてもポジのようなオレンジ色と諧調が出せないです。
この写真を見る限り、やはりキャノンの方がハイライトに強いような気がします。



Posted by kuwa at 2006.05.31 20:03 | 編集
夕日って沈みかけると思ったより速いんです。
こういう写真は時間との戦いになるまりますね。
Posted by ハリアー at 2006.05.31 20:23 | 編集
上の部分のグラデーション、ポジなら
もっと自然な広がりになったと思うんです。
デジタルの中で一番苦手なシーンだと思います。
これを克服してくれなければ、
デジタルはポジを超えたと言えないと思います。
Posted by ハリアー at 2006.05.31 20:30 | 編集
何処でも同じなんですが、沢山ある田んぼの中でも、
特に鳥が好む場所ってあるんですね。

何度ケリに攻撃されて飛んでいっても
やっぱりここに帰ってくるんです。
そういう場所、これからも残って欲しいです。

Posted by ハリアー at 2006.05.31 20:37 | 編集
白飛びもやっぱりキヤノンがましなんですね。
こう言う写真はトリミングをすればする程、
ひどい画像になっていきます。
始めは右下の黒い部分をトリミングで
カットしてましたが、やっぱり止めました。
Posted by ハリアー at 2006.05.31 20:45 | 編集
ハリアーさん、こんばんは
オレンジ色、濃いと鳥が潰れ、鳥を生かすと、オレンジが死にます。その人の好みで好きな色に撮ればそれで良いんじゃないですか、私はこんな写真大好きです(笑顔)。
Posted by fukumaru at 2006.05.31 22:14 | 編集
いいのが撮れてるって思ったんですが、
なんか違う感じがして。
でも、気に入ってますよ。
Posted by ハリアー at 2006.06.01 17:51 | 編集
ハリアーさんおはようございます。
私もfukumaruさんに同意(笑)、今の季節に夕日が見られるだけでも羨ましい限りです。
ポジとデジタル、うぅ~~ん、RVPがほとんどでしたから、なんとなく判りますが。
でも、綺麗に撮れているとおもいます。私もセイタカシギが見たくて千葉県まで遠征しました。
Posted by kumikopapa at 2006.06.02 06:31 | 編集
セイタカシギは子連れのケリに攻撃されて
逃げ回ってました。だから2日間しか居なかったのかも。
夕日、もう少しで入梅ですのであまり見れなくなりますね。
Posted by ハリアー at 2006.06.03 20:41 | 編集
 セイタカシギはこちらでは珍鳥なので、撮れるチャンスのときは「撮らされてる」タイプのトリです(笑)。なかなか絵作りを考えるとこまでいきません。

 この一枚はすばらしいですね~。上げた片足に動きも感じることができます。
Posted by birrrd at 2006.06.06 14:48 | 編集
そちらでは水辺のシギチは少ないようですね。
「撮らされる」実はこの写真もそんな感じでした。
右え左へ行くセイタカシギに振り回されて、
とにかくシャッターだけは押し続けました。
Posted by ハリアー at 2006.06.06 18:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。