--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.26

ポールマッカートニー Live In Japan 2013/11/12

s-DSC01244のコピー
この日は待ちに待ったポールのコンサートの日。
追加公演が前日にあったので、事前情報でグッズ販売が2時からとの事。
開場は17時だというのに1時過ぎに家を出る。
京セラはオリックスの観戦でよく行くので、勝手知ったる場所。
着いてからツアートラックが居そうなところへ行くと、何台も停まっているのを発見。
車の前で記念撮影をしている人にお願いして、自分も記念撮影をしてもらう。
こういう時、遠慮をしてはいけない。後で必ず後悔するから。

s-DSC01271のコピー
パンフレットやグッズも少し買って、車に置きに行く。
その後、会場周りを散策しようと歩いていると、大勢の人が沿道に、ポールの入り待ちだ。
この為に、一眼も持ってきたが車の中。
場所取りのために一眼はあきらめ寒さをこらえ、ポールを待つ。
後から来られた滋賀からの家族連れの方と話をしながら待つが、
寒さに体が震えだしてきた。1時間半程待ってやっとポールの乗った車が現れる。
本当にミーハーな事をやってると思いながらも、この1カットが撮れてほんとに良かった。
これでやっと腹ごしらえが出来る。なんたってコンサートが始まったら22時ごろまでぶっ通しだからね。

s-DSC01279のコピー
車で弁当を食べてから、入り口で待つ。サウンドチェックが遅れてるとかで
会場に入ったのは17時40分くらいだったかな。
信じられないことに、このコンサートはカメラOK!
と言っても、コンパクトカメラや携帯、ipadのみ。
レンズ交換が出来るプロ用はだめだとの事。一眼のことですね。

s-DSC01362のコピー
コンサートの詳しい内容は他の人に任せるとして、
これからコンサートとそれを撮影できると言うこの上ない喜びを
かみ締めつつ、イイシーンにはカメラを持った両手を挙げて、
何枚かシャッターを切りました。
バックが暗いので、-3まで補正をしましたが、追いつきません。
SSは1/80でぶれてます。

s-DSC01363のコピー
これも、上のもかなりトリミングしてますが、コンサートの雰囲気が分かってもらえれば。

s-DSC01332のコピー
一番きっちり撮れているのがこの一枚。
舞台前のせり上がるステージで距離も少し近くなり、SSもちょっぴり上がって1/125。

s-DSC01351のコピー
このシーンはLive And Let Dieの時のもの。
一発目の爆発はこっちまで熱が伝わり結構びっくりした。
そして思った、日本の室内コンサートでこれだけ盛大に火花をぶっ放してもいいのかと。

写真で分かるように席はかなりステージに近く、前から2列目でした。
残念なのは、バックに映し出される映像は全く見えず、撮影用のクレーンが邪魔でポールが
見えづらいときが結構あった事。これは贅沢か。
でも、コンサートはポールのサービス精神と素晴らしい演奏でそれを感じさせなかった。

s-DSC01377.jpg
最後に放たれた赤と白の紙吹雪。途方もない数の紙吹雪のその色は、日本の日の丸の表していた!
これで待ちに待ったポールマッカートニーの、見れなかったWingsの、
そして1/4のビートルズのコンサートが終わった。

それは間違いなく「一生に一度しかない最高のコンサート」だった。

2週間たった今も、あの感動は色あせる事無く、今も胸に刻まれている。
ポールってやっぱり凄い。
Posted at 19:05 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2013.10.20

ライオンキング

ライオンキング
劇団四季のライオンキングを見に行ってきました。
生涯初ミュージカルです。

ミュージカルといっても、すべてが歌ではなく普通の?会話でのやりとりも
あるので、いわゆるミュージカル嫌いの人でも受け入れられる内容です。

ブロードウエイでも、日本でも、超ロングランの人気を誇る内容は、演技、
ライティング、セット装置などの演出から、会場のスタッフの対応まで
とても素晴らしく、すべてがエンターテイメントされています。

それだけの人気公演だけに、今回チケットを取ってから半年待っての鑑賞となりました。
でも、待った甲斐がありました。そして何回も見に行く方の気持ちも分かりました。
見るたびに新しい発見があり、話の内容も深く見えてくるのでしょう。

自分ももう一度見に行きたいけど、お値段も結構しますし、追加公演のチケットでも
良い席は無理そうなので、残念ながら諦めないといけないかな?。
Posted at 22:21 | 未分類 | COM(2) |
2013.09.22

ソウシチョウ

Red-billed leiothrix
ここへ来るのは5年ぶりです。
いつもより少し時期は早かったのですが、いろいろな都合を考慮してこの山に決めました。
まだ、一部台風の爪あとが残っていたのと、5年の歳月で微妙に風景が変わってました。

ソウシチョウは何度か見てますが、こずえで綺麗な声で鳴くときとヒヨドリの様に
けたたましく鳴くときと2面性があるように感じました。
間違いなく数は増えてるようで、勢力図も拡大してるようです。
Posted at 22:55 | 未分類 | COM(0) |
2013.01.01

大晦日~初詣

s-001 (15)
初めて年越しを神社で迎えました。

s-001 (4)
新年の前に踊り、太鼓、書が奉納された。

s-001 (10)
見に来たのは近所の氏子さんが多いアットホームな感じ。

s-001 (11)
琉球踊り

s-001 (20)
初めてのイベントで、書道の先生も緊張したそうです。

この後河内音頭、そして新年のカウントダウンをしたあと、お参りをして帰りました。

今年は今までにないジャンルの写真も撮っていこうと思ってます。
でも、やっぱり鳥がメインのこのブログを、今年もよろしくお願いします。
Posted at 06:24 | 未分類 | COM(2) |
2012.10.28

冬鳥

Brambling
アトリが田んぼの周りをぐるぐる飛び回っているところを見つけて
狙いましたが、直ぐに移動してしまいちょっと消化不良な感じでした。

Chestnut-eared bunting
色が出ていませんが、ホオアカです。

Daurian Redstart
これは畑で餌採りしているジョウビタキ。
直ぐ近くにはノビタキもいました。

Hawfinch
シメは10羽弱ほどいたでしょうか。モズが狙っていたせいか、
木の中から中々出てくれずトリミングしてもこの程度です。

この日はノビタキ探しが、冬鳥観察会になった1日でした。
Posted at 21:19 | 未分類 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。